読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SCG's blog

アクセスいただきありがとうございます。こちらは創作サークルSCGの活動報告などをさせていただくブログとなっております。時々個人的に思った事なんかもポツリポツリ書いておりますがよろしくお願いします。

金ヶ崎城跡へ行ってきました。

雑記
どうも、SCGです。
暑いですね。冷房のきいた部屋で作業がしたくなります。

ということで、今日は「ドールアイ」のお話を書き進めよう……と思ってたのですが。
何をどう間違えたのか、気付けばタイトル通り金ヶ崎城跡へ来ていました。
びっくり! 家から何時間もかかりますよ!?
敦賀市北東部、敦賀湾に突き出した海抜86mの小高い丘(金ヶ崎山)に築かれた山城である。 治承・寿永の乱源平合戦)の時、平通盛木曾義仲との戦いのためにここに城を築いたのが最初と伝えられる。現在でも月見御殿(本丸)跡、木戸跡、曲輪、堀切などが残り、1934年には国の史跡に指定されている。 wikipediaより引用

とそんな金ヶ崎城跡ですが、まずお寺の前を通りますと短い坂があります。

それを登ると次に階段と案内たちが待ち受けております。

f:id:scg-diary0410:20160626194736j:image
f:id:scg-diary0410:20160626194915j:image

f:id:scg-diary0410:20160626194927j:image
あ、手前の神社はこんな感じです↓

f:id:scg-diary0410:20160626194759j:image
それで、この神社に行かずにさらに登ると、
金崎宮に着きます。金ヶ崎城案内があったり、お賽銭を入れるところがあったり、完全に神社!って感じの場所ですが、
足利氏と新田義貞の戦いで城の陥落とともに捕縛された恒良親王と、新田義顕とともに自害した尊良親王を祀っている……とかなんとか。(完全にwikipediaさん頼り)

横へ行くと金ヶ崎城跡の石標があり、小道があってと。
f:id:scg-diary0410:20160626195709j:image
f:id:scg-diary0410:20160626195834j:image
f:id:scg-diary0410:20160626200003j:image
暑いために虫さんがすごくてこう、いい感じの休憩所がありましたが刺されること必至なので流石に座りませんでした(笑)
でも、こういう場所って、妖精さんとかが休んでそうですよね〜というメルヘン。

f:id:scg-diary0410:20160626200153j:image
そして海ですよ海ー!
ですがのぼりにのぼり、日陰で涼しい……など思うことも最初だけで、息が切れてもまだのぼり。
階段階段、木々、また階段と景色が代わり映えしないのですが

f:id:scg-diary0410:20160626200526j:image
f:id:scg-diary0410:20160626200523j:image
f:id:scg-diary0410:20160626200603j:image
と、まだ歩かされます。
さすがにこれには「まだ続くんですか」と笑いしか出てきませんでした(苦笑)

最終的には月見御殿……本丸の跡までやってきました。

f:id:scg-diary0410:20160626201335j:image
f:id:scg-diary0410:20160626201214j:image
f:id:scg-diary0410:20160626201347j:image
海ですよ海ー!(二回目)
綺麗ですねー、って、石炭大量ですね!?
山城は登るの大変ですが防衛のためにはそうでなきゃ困るんですよね。(苦笑)

さて、では帰りましょう。ということで帰って作業をしようと思ったらいつの間にかいい時間。きゃー。

と……見せられていないところが沢山ありましたが、そこは是非自身の目で。
それでは、今回はこの辺で終わりにしようと思います。
お写真いっぱい城跡紹介な雑記でした。